住信SBIネット銀行で外貨預金やってみた

お得情報

どうも、こんには マルス@くすりしです。

最近ネット証券の米国株取引最低手数料が無料になったりして、すっかり米国株式がブームになっている(と勝手に思っている)ようですが、今回はその波に乗ってしまったときの、ちょっと日本円を米ドルに換えてみた、その手順をご紹介します。

今回のお話は住信SBIネット銀行を利用したお話です。

まだ口座開設されてなくて、興味がある方は

こちらの記事をご一読いただければ幸いです。

外貨預金とは

外貨預金(がいかよきん)とは、一般に、外貨建ての預金のこと。また、外貨資金運用を補強するため、政府が手持ちの外貨の一部を、外国為替銀行に預金すること。また、その預金・外貨預託のことである。

(by ウィキペディア(Wikipedia)

ということで、外貨預金とは日本円ではなく、外国のお金で預金することですね。

そんな誰でも知ってることをドヤってもねぇ

外貨といえば、アメリカのドルやヨーロッパのユーロとか、トンガのパアンガとか(えっ?!)ですかね。

ニュースなんかで1ドル=〇〇円みたいなのはよく見ると思います。

外貨預金やり方 ※住信SBIネット銀行

わたしは住信SBIネット銀行で実施しました。

外貨預金自体はどの銀行でも出来ると思いますが、手数料に違いが出てくると思います。

画像1

こんな感じで住信SBIネット銀行は為替手数料が安いということで利用しました。

画像2

そして、少し前まで為替コストが無料だった(2019年9月27日まで)ので、そのキャンペーンに便乗した感じですね。

画像3

まず住信SBIネット銀行にログインします。

画像4

外貨預金をクリックすると為替コストとレートが表示されます。

画像5

初めてやる場合はこのように注意点などの確認があり、同意した場合のみ取引が出来ます。

画像6

同意します。

画像7

確認事項は続きます。

画像8

さらに同意します。

画像9

そして、資産状況などを聞かれます。

画像10

この辺は証券会社の口座開設と似たような内容ですね。

画像11

そして、やっと為替取引に到達します。

円普通預金から米ドル普通預金への為替

金額を指定します。

画像12

そして、取引パスワードを入れて確認する。

画像13

すると確定するをクリックするのですが、10秒間の猶予を与えられます。

時間制限を知らなかったのでちょっとびっくりしました笑

レートの関係ですかね?

画像14

そして、やっと米ドルに変わりました。

画像15

これで外貨普通預金に出来ました。

手順も簡単でいいですね。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

住信SBIネット銀行での外貨預金のやり方わかりましたでしょうか?

2回目以降は規約の確認や目的の確認などはなくなるため、手順は減りますので、もっと楽になります。

また別の記事ではこの住信SBIネットの外貨を利用して、米国株などを購入する方法を紹介できればと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました