そうだ!つみたてNISAを始めよう!~楽天証券でのつみたてNISAの始め方~

お得情報

どうも、こんにちは マルス@くすりしです。

皆さんはNISAやつみたてNISAやってますか?

わたしは半年前まで『NISA』という言葉自体全く知りませんでした(-_-;)

しかし、休職している間にお金と真摯に向き合って、家計改善のため、固定費削減や副収入獲得への努力、投資に挑戦と動いており、その中で『NISA』という言葉と出会いました。

今回はその中で『つみたてNISA』を始めたときの話を書いていこうと思います。

NISAとは?

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

(以上、金融庁ホームページより抜粋)

そして、NISAには3種類存在しております。

NISA

2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

つみたてNISA

少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)

購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

ジュニアNISA

2016年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。

未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

(以上、金融庁ホームページより抜粋)

ジュニアNISAと言えば、日経平均ダブルインバースが話題になりましたね

3種類ともに共通していることは投資上限を設けて、その範囲内であれば非課税で運用できるということです。

つまり、金融庁は投資を推進しているということですね。

今回はこの中のつみたてNISAを始めてみたときのお話です。

つみたてNISAの始め方

まずは証券会社に口座を作る必要があります。

これはそれぞれ皆さんの好みで良いかと思いますが、ネット証券で手数料の安さから考えると楽天証券かSBI証券で作ると良いかと思います。

わたしは楽天証券で作りました

楽天証券のサイトにいきます

はじめての方へのところへ進むと口座開設のフローが書いてあります。

これはオンラインでの口座開設が出来ると早いです。

いますぐ口座開設をクリック!

楽天会員だと必要事項の記入が少なくて済みます。

そして、必要事項を記載

納税方法は特定口座を開設して源泉徴収ありにすると自分で確定申告する必要がなくなり簡単ですね。

そして、NISA口座の申し込みを同時に行うことが出来ます。

これはあとから申し込むこともできます。

わたしは後から申し込みましたが、特定口座開設と同時に申し込むことも出来ます。

ただし、注意点としてNISAかつみたてNISAはどちらかしか開設できません。

また、1個人に対して1NISA口座なので、複数の金融機関で複数のNISA口座を持つことはできません。

もしも、すでにNISA口座を持っているのに、別証券会社で申し込もうとすると…

このような事態が起こるため、ご注意ください。

ぽこんさんはこの失敗の経験を情報発信してくれています!ありがたいお話です!

そして、申し込みが完了すると受付完了メールがきます。

この手続きをしたのが5月14日です。

本人確認書類はオンラインでデータを送信しました。

すると口座開設書類(本人確認書類)受領お知らせメールが5月15日にきました。

オンラインだと確認も早いですね

総合取引口座開設完了メールが5月16日来まして、その時点でID・パスワードが郵送で送付されたことがお知らせされます。

その郵送で到着した書類のID/パスを利用して、ログインが出来るようになります。

ただし、ここではまだ取引が出来ません。

ログインしてから、マイナンバー登録を行い、初期設定が完了するとやっと取引が出来るようになります。

このマイナンバー登録のときに『マイナンバーカード』か『マイナンバー通知書』が必要になるのですが、わたしはどちらも持っていませんでした( ;∀;)

しかし、マイナンバー付き住民票でも代用は可能ですのでご安心を!

ただし、その場合は郵送での手続きしかできませんので、ご注意を!

なので、わたしはログイン出来るようになってから、マイナンバー書類を郵送で送り、5月23日に取引が出来るようになりました。

最初の手続きから9日後に取引可能になったというわけです。

これは全部オンラインで出来ればおそらく1週間以内に開設出来ちゃうんじゃないかと思います。

オンラインだと手続きが早くて素敵ですね

まとめ

ということで、NISA口座の開設の手順はこんな感じです。

いかがでしたでしょうか? 手順は簡単ですよね?

まだNISA口座を活用していない方はぜひ開設してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました