SBI証券でiDeCoを始めようと資料請求をした話

お得情報

どうも、こんにちは マルス@くすりしです。

皆さんはiDeCoしてますか?

わたしもまだiDeCo始めていないのですが、SBI証券でiDeCoの資料請求をしてみたので、その手順と送付されてきた資料を紹介します。

iDeCoとは?

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

この制度への加入は任意で、ご自分で申し込み、ご自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。

また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとしてご活用ください。

(iDeCo公式サイトより引用)

うん、わかりにくい笑

まぁ、ざっくり言うと自分で運用する退職金みたいなものです。

通常の投資では利益が出たら税金がかかります。

iDeCoで運用すると運用益には税金がかかりません。

ただし、60歳まで引き出しすることが出来ないし、引き出すときに税金がかかるというシステムです。

運用益には税金かからないのに、引き出しに税金かかるってどういうこと?

って思うかもしれませんが、この引き出しのときというのが退職金と同様の扱いとなり、税金がかなり安くなります。

つまり、税金を安く収めつつ、資産運用が出来る制度ということです。

ただし、今後どうなるかはなんとも言えませんが…(;´Д`)

制度の話はもっと詳しく説明しているブログなどあると思いますので、詳しくはそちらを笑

iDeCoの始め方

まずはSBI証券サイトへ

資料請求から!お気軽にクリックします笑

必要事項を記載して、必要事項の確認へ進みます。

加入プランは自分の使いたい方で良いですが、商品的にはセレクトプランが良いと思います。

そして、現在の自分の職業で加入の仕方が変わるため、選択します。

そして、諸々を確認して入力内容確認して資料請求を完了します。

するとこんな形で受付完了のメールが届きます。

資料請求をした翌日にメールが来ました。

メールから4日後に資料が到着!

中身を見てみると

けっこう書類が必要ですね。

手続きの流れが書いてあります。

記入例も書いてあり

資料請求時に入力した内容をあらかじめ記載しておいてくれます。

手間が減りますね。

口座振替依頼書と自動払込利用申込書

セレクトプランの掛け金比率を記入する用紙があり

大事な注意書きの確認書類があります。

本人確認書類の提出書類

iDeCoの必要諸経費の説明

各商品説明もあります。

最後に全体の確認事項です。

ここまでが個人で提出する書類一式です。

この他にまだ書類があり

事業所に記載してもらう書類です。

これを会社に書いてもらう必要があります。

そして、そのほかに

iDeCoの案内用パンフレットと

SBI証券へ返信するための封筒が入っております。

とりあえず、まずは書類記載と会社へ書類作成の依頼をする必要があるため、それをやってからじゃないと送付できませんね。

資料請求はしたものの、iDeCoをやるかどうかをまだ迷っていたりします笑

この続きは進展したら書きます笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました